日本ファブテック 株式会社

  • HOME
  • サイトマップ
  • 会社情報
  • 事業紹介
  • 技術情報
  • 採用情報

Re-BRI

橋梁の長寿命化をサポートする日本ファブテックのメンテナンスシステム。

【概要】
「Re-BRI」(リブリ)とは橋梁メンテナンス事業の当社における呼び名であり、老朽化した橋梁の点検、計測、診断、計画から施工までの一連のプロセスをワンストップで行い、橋梁の長寿命化とライフサイクルコストの低減をサポートします。
また、「Re-BRI」の特徴としては、実構造物の腐食状況を高精度に計測できる装置の開発や、コンクリート境界部の健全度を障害物を除去せずに診断できる装置の開発にも取り組んでいます。

補修・補強工事で50年以上の実績をベースにした、鋼橋メンテナンスのワンストップサービスです。

Re-BRI グラフイメージ

社会のインフラストラクチャを担う橋梁において、建設後50年以上経過する橋の割合が急速に増加しています。
人・クルマ・鉄道の「安全・安心」を支えるために、定期点検はもちろん、適切な補修・補強をおこない橋梁の長寿命化を図る時代を迎えています。
Re-BRI[リブリ]は、このような時代の要求に応えられる鋼橋メンテナンスシステムとして、橋梁総合メーカーだからできる点検・計測、診断、計画から施工まで一連のプロセスをワンストップサービスで提供していきます。
私たちは100年以上かけて積み上げてきた信頼の技術力と、これまでに施行した補強・補修工事で培った豊富なノウハウを活かし、橋梁の長寿命化とライフサイクルコストの削減を強力にサポートし社会基盤の整備に貢献していきます。

詳しくはこちら

PDFダウンロード

ページの先頭に戻る

  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトのご利用について
Copyright© FaB-Tec Japan Corporation. All rights reserved.